タンパク質工学に基づく人工タンパク質の作製

[タンパク質工学,タンパク質設計]

真壁 幸樹 准教授

人工タンパク質

内容

ゲノム情報に含まれる遺伝子情報は最終的にタンパク質へと合成されて完成します。真壁研究室ではこのタンパク質の立体構造が形成する仕組みを明らかにして、新しいタンパク質分子を作り出すことを目指しています。これが実現すると自然には存在しない新しい機能を持ったタンパク質を作り出すことも可能になります。

プロフィール