化学感覚細胞のセンサー機能研究

[味覚,嗅覚,情報変換]

恒成 隆 准教授

細胞センサー

内容

味覚や嗅覚では化学物質が感覚を引き起こす刺激となるので、まとめて化学感覚ともいわれます。舌の上の味細胞や鼻腔にある嗅細胞は、化学感覚においてセンサーの役割を果たす感覚細胞であり、食べ物や環境での化学情報を、細胞膜での電気的な興奮へと変換しています。これらの情報変換のメカニズムや、感覚細胞がどのように刺激に応答するのかを明らかにすることは、生物学的な興味からはもちろん、応用面からもとても大事です。例えば、これら化学感覚細胞のセンサーとしての仕組みがすっかりわかれば、そのセンサーをだましたりするもの(味覚や嗅覚の修飾剤など)をみつけることにもつながりますし、工学的なセンサーで細胞のセンサー機能の真似ができるようになるかもしれません。

実際の研究では、脊椎動物の化学感覚細胞から電気的現象をリアルタイムに記録し解析することで、その化学センサーとしての機能や特性の秘密を明らかにすべく実験をおこなっております。

プロフィール