横山智哉子研究室ホームページ   /   山形大学研究者情報

モノクローナル抗体を応用したがんおよび幹細胞に関する研究

[モノクローナル抗体、がん、幹細胞]

横山 智哉子 助教

モノクローナル抗体を応用したがんおよび幹細胞に関する研究

内容

抗体は私たちの体の中に存在し、病原体やがん細胞が持つ特定の抗原に結合するという性質により、さまざまな病気から守ってくれる大切な生体分子です。その抗体の特性を活かし、バイオテクノロジーやバイオサイエンスにおいても非常に重要なツールとなっています。 例えば、医療の分野では、抗体医薬や診断薬などに応用され、バイオ分野の基礎研究では、がんなどの疾患や個体発生メカニズムの解明研究に用いられています。

 当研究室では、医療や産業分野に貢献できるモノクローナル抗体の作製や、より簡便で高効率なモノクローナル抗体作製方法の開発を目指しています。また、作製したモノクローナル抗体を用いて、がんを中心とした疾患メカニズムの解明や再生医療への応用研究をおこなっています。

プロフィール