バイオ化学工学専攻・教育理念

化学を基盤とする学問領域は,近代の物質の生産に欠かすことのできない重要な学問領域である。有機化学,無機化学,分析化学,物理化学といった基礎学問は,我々の生活のいたるところで潜在的に垣間見ることができ,医薬,農薬,材料,衣料,測定機器,デバイスといった形で我々の生活に大きく貢献している。

一方,近年の生命科学の発展は目覚ましく,その成果はたんぱく質,遺伝子,細胞といった生命現象をつかさどる生体物質の応用という形で,新しい学問領域を構築してきた。この学問領域は,バイオ工学と呼ばれ,多くの産業分野に応用されると共に,現在,人類が直面するエネルギー,食糧,環境,医療などの問題を解決する切り札として,強い社会的要求に応えると期待されている。

本専攻では,現在の我々の生活を支えている化学と,未来の生活を支えるであろうバイオ工学を融合させたバイオ化学工学に関する教育・研究を行う。本専攻における教育の目指すところは,豊かな教養と高度専門知識を備えた人材,すなわち,時代とともに変化する社会の要請や新たな学際領域にチャレンジする好奇心あふれる研究者および専門技術者の育成である。

バイオ化学工学専攻・教育目標

本専攻の教育目標を達成するために次のような学習目標を掲げる。

A)生物―化学に関する高度専門知識の習得

細胞科学,酵素工学,遺伝子工学,生理学,生体機能科学,合成化学,資源科学,界面科学,プロセス工学に関する高度専門知識を身につける。

B)専門分野における研究企画能力の習得

独立した研究者および専門技術者としての信念に基づいた,研究の立案,遂行,及び結果を解析し取りまとめる能力,並びにプレゼンテーション能力を身につける。

C)豊かな創造性と独創性の涵養

バイオ化学工学研究者および専門技術者として,学問全般に至る幅広い視野と社会正義の実現を願う確固たる倫理観を養うとともに,豊かな創造性と独創性を涵養する。

バイオ化学工学専攻・学位論文の評価

本専攻では学位論文に係る合格の要件を以下の通りとする。

  • 山形大学大学院理工学研究科(工学系)ディプロマ・ポリシーにしたがい,学位論文として適切な形式を踏まえていること。
  • バイオ化学工学に関わる新規現象や課題に取り組み,健全な社会生活に貢献できる意義が明確であること。
  • 博士前期課程在学中に行われる中間発表会及び公聴会において,研究計画と研究経過およびそのプレゼンテーションが適切と認められること。ならびに発表後の質疑応答において研究に対する理解と取組が十分であると認められること。
  • 論文の構成について,審査委員(主査,副査)により下記の全ての項目が適切であると認められること。
  1. (1)論文の題名が適切であること。
  2. (2)研究背景が論理的に記述され,研究目的が明確であること。
  3. (3)目的に沿った研究方法であること。
  4. (4)結果および考察の導き方が妥当であること。
  5. (5)目的に沿った結論が出されていること。
  6. (6)文献が適切に用いられていること。
  7. (7)図表・資料が適切に表示されていること。
  8. (8)要旨については所定の形式を踏まえていること。

バイオ化学工学専攻・開講科目

授業科目担当教員
細胞工学特論阿部 宏之 / 黒谷 玲子
感覚生理学特論恒成 隆
生体機能分子化学特論田中 賢 / 佐藤 力哉
生物機能工学特論真壁 幸樹 / 矢野 成和
生体物質化学特論佐藤 慎吾 / 木島 龍朗
精密有機合成化学特論波多野 豊平
生物有機化学特論今野 博行
有機資源変換化学特論多賀谷 英幸
有機物質化学特論非常勤講師
生体高分子構造解析特論神保 雄次
ミキシング工学特論高橋 幸司
コロイド分散界面化学特論野々村 美宗 / (木俣 光正(物質))
バイオプロセス工学特論高畑 保之
環境システム工学特論非常勤講師
機器分析特論水口 仁志
無機生体材料特論川井 貴裕
無機物質化学特論非常勤講師
バイオ化学工学特別演習A専攻教員
バイオ化学工学特別実験A専攻教員
科学英語特論非常勤講師
学外実習 
工学教育研修 
研究開発実践演習(長期派遣型)専攻教員

大学院の研究テーマ例  平成25年度 公聴会テーマ

  • 非対称型縮環骨格を用いる新規電子材料の開発
  • アミノ酸ラセマーゼを用いた動的速度分割法による光学活性なアミノ酸の合成研究
  • チオアセタールを経由したペプチドアルデヒド合成法の開発
  • 不斉補助基を利用したMαNP acid の立体選択的合成法の開発休憩
  • APP 断片ペプチドに対するCathepsin B の切断活性能評価及びシステインプロテアーゼ阻害剤の創製研究
  • エーテル構造に注目した新規抗血栓性高分子の設計
  • トラックエッチ膜フィルター電極を用いる陽極溶出ボルタンメトリーによる超微量元素の定量
  • クラウンエーテル環を有する長鎖アルキルフェロセンの合成と自己組織化
  • 双性イオン型ポリマーの血液適合性と水の構造の分析
  • スピンラベル部位を導入した農薬ミュータントの合成
  • マウス卵子および胚におけるミトコンドリア呼吸機能の解析
  • 湿式めっき法によるトラックエッチ膜フィルター電極の作製と表面修飾
  • ベンゾイミダゾール骨格を有するキラル応答性配位子の合成と応用
  • 酸化的脱炭酸反応を利用するカルタミン前駆体モデル化合物によるペルオキシターゼの検出
  • 抗HIV 活性を有するhomophymine A の合成研究:異常アミノ酸の合成と固相合成法を用いた環状部構築の検討
  • 多分岐ポリグリセロールを用いた機能性材料の合成と応用
  • リン酸カルシウム骨ペーストの操作性に及ぼす含有マトリックスの影響
  • プラスチック材料の新規活用方法に関する研究
  • 撹拌槽の槽底形状が液体混合特性に及ぼす影響
  • トラックエッチ膜フィルター電極を用いるフロースルー型酵素センサーの開発
  • 水酸アパタイトの改質条件が不快臭成分吸着能に及ぼす影響
  • 機能性ナイロンの開発
  • 無置換折れ曲がり型アセンの合成と物性
  • クルクミン誘導体によるアルツハイマー病治療薬探索の可能性
  • 水素結合によって分子内構造制御された折れ曲がり型蛍光色素の創製
  • 低分子生物活性物質へのフェロセン導入とその機能性評価
  • 金属水酸化物とアミノ酸の自己組織化反応による層状ナノ分子複合体の創製とその応用
  • 不斉補助剤を用いた光学活性な環状有機セレン化合物の合成研究
  • 抗真菌活性を有する環状オクタリポペプチドBK-1097 に関する研究
  • 長期保存ウシ卵巣から採取した卵子の品質評価とミトコンドリア呼吸機能解析
  • 生体高分子に吸着した水の構造解析と抗血栓性の評価